修理をご依頼いただいた漢籍の表紙紙の虫損直しに使う補修紙を染めました。
使用材料(染色材) : 蒅藍(すくもあい)、ハイドロサルファイト、炭酸カリウム、食酢
使用材料(補修紙) : 中厚宇陀紙(福虎製)、清河内紙(備中和紙)
①蒅藍を炭酸カリウムとハイドロサルファイトで還元建てする。
②中厚宇陀紙と清河内紙の2種類の紙を染める(浸漬)。
③1回目の染色後乾燥させてから十分水洗いを行い、食酢を加えた水で中和した後、再度水洗を行い乾燥する。
④宇陀紙については、一部を二度染めして濃・淡2種類の紙を作成。

※使用するときには、さらに墨で色合いを微調整しました。


この記事を読んだ方は次の記事も読まれています

[`evernote` not found]