東京国立近代美術館フィルムセンターでは、このたび約6700種類におよぶ映画パンフレットの整理を終え、その中から選りすぐったものを下記のとおり展示されます。

この展覧会「映画パンフレットの世界」は、大正から昭和初期にかけて各映画館が発行していた無料のプログラム(週報)にその源流を探りつつ、ロードショー上映の普及した戦後に有料の冊子となり、洋画輸入の黄金期を経て、ミニシアター時代にも機敏に対応してきたその変遷をたどります。(公式HPより
会場 : 東京国立近代美術館フィルムセンター展示室(企画展)
会期 : 2011年5月27日(金)~9月4日(日) 月曜日休館
時間 : 11:00~18:30
つい先日、こうした映画パンフレットの保存修復処置をする機会があり、この展覧会をご紹介しました。


この記事を読んだ方は次の記事も読まれています

[`evernote` not found]