コットン紙をメスなどで削り出した後、メチルセルロースと混合してコットン紙ペーストを作る。
コットン紙ペーストを用いて本紙に厚みのある版画作品の欠損部分や洋装本の表紙ボードの欠損に対して充填作業を行う。ペーストは乾燥すると嵩だかが減少するので、何回か塗り重ねて厚みを揃え、最後に和紙で蓋をするように補強する。


この記事を読んだ方は次の記事も読まれています

[`evernote` not found]