さいたま市にあるうらわ美術館にて「ルーヴル美術館の銅版画展 カルコグラフィーコレクション」が下記のとおり開催されます。

【期間】2014年11月15日(土)~2015年1月18日(日)
【時間】午前10時~午後5時、土日のみ~午後8時
【休館】月曜日(ただし、11月24日、2015年1月12日の月曜日は開館)、11月25日(火)、12月27日(土)~2015年1月4日(日)、13日(火)

数々の名画で知られるルーヴル美術館。そのコレクションの中でも、グラフィック・アート部門(デッサンや版画など)、特にカルコグラフィー室の銅版画はあまり知られていないかもしれません。カルコグラフィーとはギリシャ語で「銅板に描かれた」という意味を持ち、カルコグラフィー室(銅版画原版コレクション保管室)では、太陽王ルイ14世の治世以降、現代に至るまでの豊かなコレクションが形成されてきました。本展では、世の中の様々な出来事を描き出し、ルーヴル美術館の「知」と「情報」を、そして馴染み深い名画の数々を伝えてくれるおよそ13,000点もの同コレクションの中から、日本での特別公開のために、当時の貴重な原版を用いて刷られた銅版画約130点を紹介します。あわせて、当館所蔵の本の挿絵として刷られた銅版画も一部展示します。(公式サイトから)

【展覧会構成】
1.ルーヴル宮殿
2.ヴェルサイユ宮殿
3.ルネサンス
4.バロック―フランス、フランドル
5.ロココ
6.19世紀フランス絵画
7.20世紀絵画
8.ボタニカルアート

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています