インターネットや電子書籍のない、遥かむかしの中世ヨーロッパ。この時代の書物は、ペンで一文字ずつ書き写し、美しく装飾されたとても貴重なものでした。15世紀になると印刷技術の発達で多くの書物がつくられようになり、18世紀半ばで産業革命を迎えます。大量生産が可能になった反面、良き手仕事が失われていくことを危惧したウィリアム・モリスは、自身の印刷所で「美しい書物」を再現しました。(公式サイトから)

【会期】2017年5月8日(月)~6月2日(金)(日曜を除く)
【時間】(月~金)11:00 ~ 16:00、(土)10:00 ~ 13:00
【会場】図書館本館研修室(生田キャンパス9号館3階) 入場無料
※一般の方も入場できます。

 

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています