銀面を起毛したヌバックを手に入れました。
半裁されているデシ数からいって、恐らく成牛のヌバックです。ヌバックの語源はnew+buck(skin)とも言われているようです。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています