書籍(洋装、和装、図書資料、雑誌)、紙資料(文書、地図、図面、ポスター)、紙作品(版画、デッサン)などの保存修復処置および予防的保存処置
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 版画の保存修復処置

版画の保存修復処置

ウェイトー(WeiT’o)法のスプレー缶

脱酸剤であるウェイトー(WeiT’o)法のスプレー缶が出てきましたので、ちょっとウェイトー法についてご紹介します。 1971年にリチャード・スミスが開発したもので、液相法の非水溶性脱酸でスプレー法と浸漬法があります。様々 …

ウェイトー法

新しい保存修復処置事例を追加しました

新しい保存修復処置事例「西洋版画の保存修復処置④ 手彩色銅版画」を追加しました。快く掲載をご承諾いただきましたご所蔵者様には深く御礼申し上げます。 西洋版画の保存修復処置④ 手彩色銅版画

記録写真を撮影することとは、

お客様よりお預かりした資料の写真撮影は、資料の構造、状態等々の詳細な調査をする前に必ず行います。 修復前の状態を画像としてきっちりと記録することは、オリジナル素材を貼り戻す際等の参考写真として、あるいは修復後の状態と比較 …

記録写真を撮影する

防水透湿性素材の情報

水に対してデリケートな紙資料や紙作品に対して、間接的に加湿を行う場合に用いる防水透湿性素材の情報です。(情報提供:修復家 斎藤敦) 【名称】 強撥水・透湿生地 MA-3000-2 (色は全21色、本サンプルは#902) …

本紙を乗せる

大型サクションテーブルを導入しました。

A1サイズのサクションテーブルを導入しました。一枚ものの紙資料、版画などの紙作品の保存修復処置で広く活用していきます。  

サクションテーブル
Page 2 / 3123
Copyright © 株式会社Conservation for Identity (CFID) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.