書籍(洋装、和装、図書資料、雑誌)、紙資料(文書、地図、図面、ポスター)、紙作品(版画、デッサン)などの保存修復処置および予防的保存処置
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 洋装本の保存修復処置

洋装本の保存修復処置

1863年にパリで刊行された書籍のウォーターマークから

最近まで修復作業のためにお預かりしていた書籍のウォーターマークが気になったので少し調べてみました。 「Hallines」 フランス北部オードフランス地方にある都市名(アリーヌと読む?)。1473年頃からこの地域では製紙が …

Hallines

引き出し付きクラムシェルボックス

内箱を2段にして下段を引き出しにしたクラムシェルボックスです。 上段に書籍を収納して、下段には書籍に挟み込まれていたものだったり付属品等を収納したり、保存上問題のあるオリジナルのスリップケース等を収納して別置せずに一緒に …

引き出しクラムシェル03

仮綴じ本の修復

仮綴じ本については昨年6/26の記事(http://www.cfid.co.jp/2018/06/26/karitoji-ko/)をご覧ください。 仮綴じ本に限ったことではありませんが、現状の見た目を大きく変えるような手 …

処置前01

取り外した綴じ糸は…

もちろん、ご所蔵者様へ修復した書籍とともにお返しいたします。 写真は和装本の場合ですが、綴じ直しの際に取り外した元糸と下綴じの紙縒りがあれば一緒に中性紙(ピュアガード)で製作した袋に入れてお返ししております。

取り外した綴じ糸01

ステープル綴じ(wire sewing)

1880年頃にドイツで始まったとされる綴じ技法で、各折丁をステープル(正確には針金)で背に貼られる布に内側から綴じ付けて固定していく方法です。 つまり、背に貼られる布が折丁同士を接続する「支持体」と同じ役割を担います。 …

ステープル綴じ01
Page 1 / 1912»
Copyright © 株式会社Conservation for Identity (CFID) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.