書籍(洋装、和装、図書資料、雑誌)、紙資料(文書、地図、図面、ポスター)、紙作品(版画、デッサン)などの保存修復処置および予防的保存処置

西洋版画の保存修復処置② シルクスクリーン(スクリーン版画)

【所蔵】 個人

【作品の概要】
 多色刷りシルクスクリーン版画。作者はDave(David)Badger、作品タイトルは「Catching the Wind」。本紙は厚手のクリーム色の洋紙で、4辺は刃物により切断されている。画面の左下にエディションナンバー「69/395」、右下に作者のサイン「dave badger」と鉛筆書きされている。寸法は679mm×794mm(画面は587mm×704mm)

【作品の状態】
 グレージングのない額縁で長期間飾られ、その後額から出して一枚の状態で保管されていたために、塵・埃等の堆積の他、煙草のヤニが画面上や本紙マージン部に付着している。また、全体的に薄く黄変しており、画面の周囲は裏板の酸性物質の移行による茶変色も見られる。本紙には全体的にゆるい波打ちが生じ、下辺付近には折れや破損が見られる。裏面には窓マットに本紙を固定していた粘着テープの残留接着剤がある。

【処置方針】 画面上の汚損の除去、染みの軽減、折れや破損の修復を行うことで鑑賞に耐えうる状態にする。また、シルクスクリーン版画は水性処置を行うとインク部分とそれ以外での紙の収縮率が異なるため、平坦化することが難しい。そのため、水性処置は部分的かつ慎重に行い、作業全体を通して作品への介入を必要最小限となるようにする。

【主な処置内容】
①刷毛や練ゴム等でドライクリーニングを行い、紙やインクの表面上の塵・埃を除去した。
②粘着テープの残留接着剤は、経年で紙中に移動し紙繊維を劣化させるため、メスで完全に除去した。
③画面の周縁部の茶変色や酸性物質の軽減を図るため、イオン交換水にて茶変色化箇所にのみ部分洗浄を行った。
④③で洗浄を行った箇所に炭酸水素マグネシウム水溶液で少しずつ脱酸を行った。
⑤③と④の工程を表裏両面から各々4回繰り返した。
⑥インクの表面上の汚れをイオン交換水にて少しずつ綿棒で除去した。
⑦折れは湿りを入れて伸ばしてから、裏面から極薄和紙で補強した。破損部分は破れ目の再接合後、裏面から極薄和紙で補強した。
⑧本紙を吸取紙に挟んでプレスし、波打ちの軽減を図った。

【保存修復処置後】

保存修復処置事例

お見積や資料保存に関するご質問など、お気軽にお問合せください。 TEL 048-711-1111 受付時間 9:00~17:00 (土・日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら

保存修復処置事例

  • お問い合わせ
  • facebook
Copyright © 株式会社Conservation for Identity (CFID) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.