慶應義塾図書館による貴重書展示会「ルカ・パチョーリの『スムマ』から福澤へ-複式簿記の伝播と会計の進化」が下記の要領で開催されます。

会期 : 2012年10月24日(水)~10月30日(火)
会場 : 丸善・日本橋店3階ギャラリー
9:30~20:30  最終日17:00閉場   入場無料
主催 : 慶應義塾図書館
協賛 : 丸善株式会社

明治初期、福澤諭吉訳『帳合之法』の二編などによってわが国に紹介されたのは複式簿記でした。「イタリア式簿記」とも称されるこの簿記は中世ルネサンス期のイタリアに生まれ、数学書『スムマ』などをもってネーデルラントやイギリスに伝播、資本主義経済の発展と会計の進化を支えました。本展示会はこの伝播の軌跡を辿ります。
公式サイト

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています

[`evernote` not found]