宮内庁三の丸尚蔵館にて第60回展覧会「鎌倉期の宸筆と名筆-皇室の文庫(ふみくら)から」が下記のとおり開催されます。

会期 : 平成24年11月23日(金・祝)~12月22日(土)
休館 : 毎週月・金曜日。但し,祝日は開館。
時間 : 午前9時~午後3時45分(入館は午後3時30分まで)

今回の展覧会は、書陵部所蔵の貴重図書を中心に,その時代随一の教養を備えられていたことで知られる天皇の御直筆の書(宸筆(しんぴつ))など、鎌倉時代を中心とする時期の名筆を紹介します。 花園天皇の〈誡太子書〉や、その御父君である伏見天皇の〈伏見院宸記〉に代表される歴代天皇の宸筆や、能書としても高名な九条良経などの公家の手になる和歌懐紙、日記、書状等の名筆の数々は、単に歴史的資料としての価値が高いだけではなく、美術的視点からも、多くの方々に興味をもって鑑賞いただけることと思います。
また、〈平重盛書状〉や〈西行書状〉も、鎌倉時代という武士が切り開いた新しい時代に先立って、平安時代末期にすでに宮廷文化の素養を十分に身につけた武士が現れていたことを物語る貴重な書です。
今回の展覧会には、これらの名筆に加えて京都の御陵に安置されている後白河天皇御木像の内部に納められている天皇御画像(御影(みえい))の影写等について紹介し、平安末から鎌倉末までの天皇や藤原忠通などの摂政・関白、さらには平清盛を含む大臣らの似絵(にせえ)の名品〈天子摂関御影〉を併せて展示します。(公式サイトから)

展示作品リスト

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています