一般社団法人日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアムによる「アーカイブの現在と未来」と題したシンポジウムが開催されます。

【日程】 2014年2月11日(火祝) 13時半~17時
【場所】 東京大学・福武ホール(ラーニングシアター)
【概要】 2014年4月中旬をめどに、脚本アーカイブズの一部が「公開」される予定です。公開開始を前に、脚本のアーカイブをめぐる現状を踏まえ、同種の問題や課題を抱える「文化関係資料アーカイブ」について討議。今後の期待やデジタルアーカイブの可能性についてアイディアを提示し、課題となる著作権問題に触れていきます。さらに放送番組制作者も含め、脚本のみならず映像のアーカイブを視野に、その取組みの「意義」や「魅力」を様々な角度から探っていきます。
【内容】
開会挨拶:脚本家・山田太一
共催挨拶:文化庁長官・青柳正規
来賓挨拶:国立国会図書館長・大滝則忠

○第一部
講演:上滝徹也(日本大学名誉教授、テレビ評論家)
講演:福井健策弁護士(弁護士・骨董通り法律事務所代表)

○第二部 パネルディスカッション
「脚本アーカイブの未来に向けた方向性」
司会:吉見俊哉(東京大学・副学長)
パネラー:岡室美奈子(早稲田大学坪内博士記念演劇博物館長)、重村一(ニッポン放送会長)、西村与志木(NHKエンタープライズ)、福井健策(弁護士)

【お申し込み方法】
※お申し込みはHPもしくはFAXにてお願い致します。
http://www.nkac.jp/
FAX:03(5210)7021

【お問い合わせ】
日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアム事務局
東京都千代田区四番町4-9 東越伯鷹ビル5階
TEL:03-5210-7029 Email: nkac☆hosakkyo.jp

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています

[`evernote` not found]