専修大学図書館で特別展「フランス革命を知ろう! -国民公会期における地方のテルールと民衆協会-」が下記のとおり開催されております。

【会期】7月21日(月)~30日(水) ※26日(土)、27日(日)は除く
【時間】12:00~17:00
【会場】図書館本館(生田校舎9号館3階)
【展示予定史料】
国民公会議員フォールやレイノー関連史料、『ルイ16世の遺言書』、『フランスとナヴァールの王妃マリー=アントワネットから義妹エリザベートへ宛てた手紙』、革命期のカリカチュアほか、約40点。

本展示では、世界で本学ミシェル・ベルンシュタイン文庫にしか存在しないとされるものを含む、約40点の史料を出品します。中心となるのは国民公会議員フォールやレイノー関連史料です。彼らはあまり有名ではありません。また、パリよりもむしろ地方での活躍が目立つ人々であることから、「知られざるフランス革命」を学ぶ格好の素材となっています。フランス革命期の主要な事件や革命家たちの肖像を描いた銅版画(複製)も掲示します。是非ご覧ください。(公式サイトから)

 

 

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています