第10回資料保存シンポジウム「未来に遺す情報保存 -収集・保存・利活用-」(情報保存研究会・日本図書館協会共催)に弊社は今年も出展いたします。
当日のプログラムや申し込み方法は下記のとおりです。

【日時】2016年10月3日(月) 9:20〜18:00
【参加費】無料  【申込締切】9月30日(金)
【会場】一橋大学一橋講堂中会議場(学術総合センター2階)

【プログラム】
①特別講演 10:00〜10:50
「歴史的典籍NW事業の目指すもの」
国文学研究資料館 古典籍共同研究センター 山本和明氏

②特別講演 11:00〜11:50
「絵画複製写真のデジタル・アーカイヴ化と美術史研究における活用の可能性」
日本大学芸術学部 木村三郎氏
日本学術振興会 打林 俊氏

③特別講演 13:20〜13:50
「目録整備の重要性と配慮すべき視点~資料保存・管理・活用の側面から」
文化庁文化財部美術学芸課 美術館・歴史博物館室  松本純子氏

④特別講演 14:00〜14:50
「風化金石文撮影の意義と解析型アーカイブ」
神戸学院大学 現代社会学部 上椙英之氏

⑤資料保存実用口座 15:00〜17:30
情報保存研究会の出展企業による資料保存にかかわるさまざまなツールやシステムについての総合的なプレゼンテーション

⑥企業展示 10:00〜18:00
情報保存研究会の会員企業などによる企業展示

【申込方法】
電子メールでお申込み:sympo2016@e-jhk.com
①お名前 ②ご所属(機関名または会社名と部署名) ③メールアドレス(またはお電話) ④複数名の場合のお名前
※受付をしましたら返信メールをお送りいたします。
※申し込み期間は2016年9月1日~同9月30日です。
※FAXの場合は03-6303-0123へ上記①~④を記入してお送りください。

 

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています

[`evernote` not found]