天理市の天理参考館にて特別展「天理図書館 古典の至宝」が開催されています。

2015年4月から刊行が始まった新天理図書館善本叢書に収録される中から、重要文化財『古事記』(道果本)や国宝『日本書紀』(乾元本)などの国史古記録、国宝『類聚名義抄』(観智院本)などの古辞書、『源氏物語』(池田本)や室町時代末から江戸初期にかけての奈良絵本、西鶴・芭蕉・蕪村の自筆資料など、国宝3点・重要文化財10点を含む古典籍70余点を三期に分けて展示いたします。(公式サイトから)

【会期】:2017(平成29)年9月16日(土)~11月27日(月)
一期:9月16日(土)~10月9日(月)
二期:10月11日(水)~11月6日(月)
三期:11月8日(水)~11月27日(月)

【会場】:当館3階企画展示室1・2

 

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています