東北大学附属図書館において平成30年度企画展「西洋古典への扉」が下記の通り開催されます。興味深い記念講演会も行われます!

【会期】2018年11月1日(木)~11月18日(日) 10:00~17:00
【会場】東北大学附属図書館本館1号館 多目的室
※ご来場の際は、公共交通機関をご利用ください。
※入場料:無料

★記念講演会 ※予約不要です。直接会場へお越しください。
【会期】2018(平成30)年11月14日(水)
【会場】東北大学附属図書館本館1階フレキシブルワークエリア
開演:13:30
講演:
「活版印刷の発明者・グーテンベルク」 小川知幸先生(東北大学総合学術博物館)
グーテンベルクの活版印刷術が真に発明したものは何か、
写本から継承したものは何か、それらについて解説いただきます。
ワークショップ:
「金属活字組版の実際」 菊地淳氏(ハリウコミュニケーションズ株式会社)
昭和時代に活躍した活版印刷の実演を通して、
金属活字や組版の手順などを紹介します。
閉会:16:00
・講演後に、企画展会場で、小川先生によるギャラリートークを行います。

附属図書館では、平成30年度企画展として、「西洋古典への扉 -The Door into Old and Rare Books」を開催します。今年度のテーマは、本の歴史と、その姿に隠された秘密です。現在わたしたちが目にしている本の姿は、いつどのようにしてできたのでしょうか。何百年も昔の西洋の実物の本を見ながら、その秘密を楽しんで学べる内容となっています。(公式サイトから)

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています