書籍(洋装、和装、図書資料、雑誌)、紙資料(文書、地図、図面、ポスター)、紙作品(版画、デッサン)などの保存修復処置および予防的保存処置

私どもの仕事 ~資料のアイデンティティを護る~

私どもの仕事は、書籍(洋装本・和装本・図書資料・雑誌)を中心として、文書・地図・図面・ポスターなどに代表される紙資料および版画やデッサンなどの紙作品の保存修復処置および予防的保存処置です。これらの書籍・紙資料・紙作品の何をどう残すか?私どもが考えるのは、対象資料・作品のあるべき姿(アイデンティティ)やその価値(現在・未来にわたる所蔵者・利用者・研究者のニーズ、その資料・作品のどのような情報に価値を求めているのか?)を十分に残すことができ、また発揮できる姿を見い出し、それを可能な限り実現するということです。
私どもは、この重要な局面での技術的・科学的・実践的なサポートを今日まで十数年にわたって行ってきております。特に書籍に対する処置実績はその種類・数ともに豊富であり、文化財保存修復学会で書籍に関して3件のポスター発表をこれまでに行っております。

ブログ

第30回慶應義塾図書館貴重書展示会 「インキュナブラの時代 慶應義塾の西洋初期印刷本コレクションその広がり」

この季節がやって参りました。 丸善丸の内本店4階ギャラリーにて恒例の慶應義塾図書館貴重書展示会が下記のとおり開催されます。 入場無料です! 【会期】2018年10月3日(水)~10月9日(火)  9:00~21:00 【 …

慶応インキュナブラ

今度はヌバック

銀面を起毛したヌバックを手に入れました。 半裁されているデシ数からいって、恐らく成牛のヌバックです。ヌバックの語源はnew+buck(skin)とも言われているようです。

ヌバック02

第12回資料保存シンポジウム(10/9開催)に出展いたします。

情報保存研究会(JHK)・公益社団法人日本図書館協会共催で行われる第12回資料保存シンポジウムに弊社は今年度も出展いたします。みなさまのご参加をお待ちしております。 「語り継ぐ文化資料 -平成から次の時代へ-」 【日時】 …

JHK第12回資料保存シンポジウム

【上野の森美術館】世界を変えた書物展

上野の森美術館にて「世界を変えた書物」展が明日より開催されます。金沢工業大学 が所蔵する「工学の曙文庫」から130冊ほどの稀覯書が展示されるようです。な、な、なんと入場無料! 【日時】2018年9月8日~2018年9月2 …

一足飛びにはいかない

写真は水性洗浄方法の一つブロッティング法(吸取法)によって、吸取紙に流れ出た本紙の汚れが徐々に少なくなっていく(左上から時計回り)様子です。この後、本紙に対しては脱酸性化処置を行って紙中の酸を中和し、アルカリ物質を紙に留 …

折丁背補強後のプレス
Copyright © 株式会社Conservation for Identity (CFID) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.