書籍(洋装、和装、図書資料、雑誌)、紙資料(文書、地図、図面、ポスター)、紙作品(版画、デッサン)などの保存修復処置および予防的保存処置

私どもの仕事 ~資料のアイデンティティを護る~

私どもの仕事は、書籍(洋装本・和装本・図書資料・雑誌)を中心として、文書・地図・図面・ポスターなどに代表される紙資料および版画やデッサンなどの紙作品の保存修復処置および予防的保存処置です。これらの書籍・紙資料・紙作品の何をどう残すか?私どもが考えるのは、対象資料・作品のあるべき姿(アイデンティティ)やその価値(現在・未来にわたる所蔵者・利用者・研究者のニーズ、その資料・作品のどのような情報に価値を求めているのか?)を十分に残すことができ、また発揮できる姿を見い出し、それを可能な限り実現するということです。
私どもは、この重要な局面での技術的・科学的・実践的なサポートを今日まで十数年にわたって行ってきております。特に書籍に対する処置実績はその種類・数ともに豊富であり、文化財保存修復学会で書籍に関して3件のポスター発表をこれまでに行っております。

ブログ

【書籍紹介】紙が語る幕末出版史: 『開版指針』から解き明かす

白戸満喜子さん著『紙が語る幕末出版史: 『開版指針』から解き明かす』が昨年末に刊行されています。 書物の近代化は江戸時代からはじまっていた。 和紙から洋紙へ、和本から洋本へ。書物の形態が変化するとき、人は何を考え何を目指 …

紙が語る幕末出版史01

『江戸東京博物館ニュース Vol.103』に画像協力しました

東京都江戸東京博物館が編集・発行する『江戸東京博物館ニュース Vol.103』(最新号)に掲載されている「図書館からお知らせ 本の修復記録」に画像協力いたしました。 記事の中では修復を行うにあたっての考え方、処置方法に続 …

江戸博ニュース vol.103

ライススターチと寒梅粉

強めの接着力を必要とする作業の予定があり、小麦でんぷん糊よりも強力な糊を求めてひとまずライススターチと寒梅粉を試してみました。 ライススターチは文字通りお米のでんぷん、寒梅粉はもち米を蒸し上げて餅とした後に煎餅状に非常に …

本年もよろしくお願い申し上げます。

あけましておめでとうございます。 旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。 本年も変わらぬお引き立ての程よろしくお願い申し上げます。

【川越市立美術館】「生誕100年 歿後20年 相原求一朗の軌跡 ―大地への挑戦―」展

川越市立美術館にて「生誕100年 歿後20年 相原求一朗の軌跡 ―大地への挑戦―」展が開催されています。 同展では弊社で修復作業を担当させていただきましたスケッチブック『満州点描』(相原求一朗が満州での軍隊生活を描いたも …

Copyright © 株式会社Conservation for Identity (CFID) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.