書籍(洋装、和装、図書資料、雑誌)、紙資料(文書、地図、図面、ポスター)、紙作品(版画、デッサン)などの保存修復処置および予防的保存処置

私どもの仕事 ~資料のアイデンティティを護る~

私どもの仕事は、書籍(洋装本・和装本・図書資料・雑誌)を中心として、文書・地図・図面・ポスターなどに代表される紙資料および版画やデッサンなどの紙作品の保存修復処置および予防的保存処置です。これらの書籍・紙資料・紙作品の何をどう残すか?私どもが考えるのは、対象資料・作品のあるべき姿(アイデンティティ)やその価値(現在・未来にわたる所蔵者・利用者・研究者のニーズ、その資料・作品のどのような情報に価値を求めているのか?)を十分に残すことができ、また発揮できる姿を見い出し、それを可能な限り実現するということです。
私どもは、この重要な局面での技術的・科学的・実践的なサポートを今日まで十数年にわたって行ってきております。特に書籍に対する処置実績はその種類・数ともに豊富であり、文化財保存修復学会で書籍に関して3件のポスター発表をこれまでに行っております。

ブログ

【書籍紹介】『書物と製本術 ルリユール/綴じの文化史』野村悠里著

製本関係の日本語の書籍としては『西洋製本図鑑』(雄松堂出版)以来でしょうか。 本の文化をどのように継承するのか? 一枚の紙が折丁となり綴じられていく工程――ルリユールの源流を辿り、最も装飾が洗練されていた時代の職人の世界 …

およそ百年前の製本職人さんの痕跡

背革に貼られた芯紙から写真のような文字が見つかることがあります。カタカナで書かれたこれらの文字は各々の書籍の著者名であることが分かり、当時の製本職人さん達がどのように区別して作業していたのかが分かる貴重な日本の製本史の一 …

芯紙01

劣化する和紙

弊社で保管している産地、原料、製法の異なる和紙サンプルの中には、茶変色あるいはフォクシング等の明らかな劣化を示しているものもあります。(図1、2)これらに共通しているのは、煮熟と呼ばれる工程(原料の楮をアルカリ水溶液で煮 …

図1

『種の起源』の初版本

今夜テレビ東京で放送される「開運!なんでも鑑定団」に『種の起源』の初版本が出るようです。 弊社にて5年ほど前に東北大学附属図書館が所蔵する『種の起源』初版本を修復させていただきましたが、こちらの本は寄贈者の先生が今から2 …

【東洋文庫】アジア資料学研究シリーズ 2016年度

モリソンコレクション将来100周年記念―紙料調査の意義と課題 コディコロジーの未来をみつめて―「紙」・「印刷」・「出版」を科学する 【日時】2017年1月27日(金)15:30-17:30、28日(土)9:30~15:0 …

東洋文庫 講演会
Copyright © 株式会社Conservation for Identity (CFID) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.