書籍(洋装、和装、図書資料、雑誌)、紙資料(文書、地図、図面、ポスター)、紙作品(版画、デッサン)などの保存修復処置および予防的保存処置

私どもの仕事 ~資料のアイデンティティを護る~

私どもの仕事は、書籍(洋装本・和装本・図書資料・雑誌)を中心として、文書・地図・図面・ポスターなどに代表される紙資料および版画やデッサンなどの紙作品の保存修復処置および予防的保存処置です。これらの書籍・紙資料・紙作品の何をどう残すか?私どもが考えるのは、対象資料・作品のあるべき姿(アイデンティティ)やその価値(現在・未来にわたる所蔵者・利用者・研究者のニーズ、その資料・作品のどのような情報に価値を求めているのか?)を十分に残すことができ、また発揮できる姿を見い出し、それを可能な限り実現するということです。
私どもは、この重要な局面での技術的・科学的・実践的なサポートを今日まで十数年にわたって行ってきております。特に書籍に対する処置実績はその種類・数ともに豊富であり、文化財保存修復学会で書籍に関して3件のポスター発表をこれまでに行っております。

ブログ

【書籍紹介】『写本の文化誌 ヨーロッパ中世の文学とメディア』

クラウディア・ブリンカー・フォン・デア・ハイデ著、一條 麻美子訳の『写本の文化誌 ヨーロッパ中世の文学とメディア』が白水社より7月に刊行されました。 以下、公式サイトから 【内容説明】 本が手書き一点物だった時代の書籍文 …

【求人情報】国立公文書館で非常勤修復専門員を募集!(8/4まで)

国立公文書館が非常勤職員(期間業務職員(修復専門員))を募集しています。 募集期限は8/4(金)まで!急げ~。 詳細はこちらからご確認ください。

【書籍紹介】勉誠出版編『書物学 第11巻 語りかける洋古書』が8月刊行

勉誠出版から『書物学 第11巻 語りかける洋古書』が8月に刊行されます。久々の洋古書特集! 以下、公式サイトから シェイクスピア戯曲の本文、版によって記述が変わるタイトルページ、光輝く中世写本、尾崎紅葉とアメリカの娯楽小 …

「はなぎれ」の表記いろいろ

「はなぎれ」には、背の天地に色糸で編んだものや飾り布を貼付したもの(貼り花布)等があります。その目的としては書架から取り出すときに背の上部が傷まないようにするためや、折丁の端が露出するのを隠すためといわれています。その「 …

手編み花布02

【講演会情報】日図協資料保存セミナー「アメリカ議会図書館の修復事情」

2017年度日本図書館協会資料保存委員会 資料保存セミナーが下記のとおり開催されます。 内容:アメリカ議会図書館(LC)の修復事情 講師:竹内真寿美 日時:2017年8月4日(金)19:00〜20:30 会場:日本図書館 …

Copyright © 株式会社Conservation for Identity (CFID) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.