書籍(洋装、和装、図書資料、雑誌)、紙資料(文書、地図、図面、ポスター)、紙作品(版画、デッサン)などの保存修復処置および予防的保存処置

私どもの仕事 ~資料のアイデンティティを護る~

私どもの仕事は、書籍(洋装本・和装本・図書資料・雑誌)を中心として、文書・地図・図面・ポスターなどに代表される紙資料および版画やデッサンなどの紙作品の保存修復処置および予防的保存処置です。これらの書籍・紙資料・紙作品の何をどう残すか?私どもが考えるのは、対象資料・作品のあるべき姿(アイデンティティ)やその価値(現在・未来にわたる所蔵者・利用者・研究者のニーズ、その資料・作品のどのような情報に価値を求めているのか?)を十分に残すことができ、また発揮できる姿を見い出し、それを可能な限り実現するということです。
私どもは、この重要な局面での技術的・科学的・実践的なサポートを今日まで十数年にわたって行ってきております。特に書籍に対する処置実績はその種類・数ともに豊富であり、文化財保存修復学会で書籍に関して3件のポスター発表をこれまでに行っております。

ブログ

【横浜開港資料館】金属活字と明治の横浜~小宮山博史コレクションを中心に~

まだちょっと先ですが、横浜開港資料館にて「金属活字と明治の横浜 ~小宮山博史コレクションを中心に~」展が下記のとおり開催されます。 【会期】2018年4月27日(金)~7月16日(月・祝) 活版印刷で用いられる日本語の金 …

皮革の歴史(日本)

1.通史 1)古代 ①太古より獣皮は脂を除去し、敷物や鞴(ふいご)に、または毛を除去して革にして履や楯、鞆などに加工していた。 ※鞆・・・弓を射る時に左手首の内側に付け、引き放った弓の弦が腕や釧(くしろ)に当たるのを防ぐ …

いつもより多めに出ております。

古い貴重書の修復作業を行っていると色々なものに出くわすことがあります。これまでも本ブログ(Facebook)にて取り上げたこともありましたが、今回は1700年代の書籍を解体作業中に出てきました!虫が!! しかも大きめ。 …

【町田市民文学館ことばらんど】「本をめぐる美術、美術になった本 1905-2004」展

町田市民文学館ことばらんどにおいて「本をめぐる美術、美術になった本 1905-2004」展が下記の通り開催されます。 【会期】2018年1月20日(土)~3月18日(日) 【時間】10:00~17:00 【会場】町田市民 …

本をめぐる美術、美術になった本01

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。 昨年中は大変お世話になり、ありがとうございました。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 写真は工房近くの調神社(つきじんじゃ)にある狛兎です。

狛兎
Copyright © 株式会社Conservation for Identity (CFID) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.