「明治の視覚革命!-工部美術学校と学習院-」と題した学習院大学史料館平成23年度特別展が行われます。
明治22年から大正10年にかけて学習院中等学科の図画教師を務めた松室重剛(1851~1929)は、日本初の官立美術学校である工部美術学校の出身者でした。松室は工部美術学校においてフォンタネージやサン・ジョバンニら明治政府の御雇い外国人教師から西洋画法を学び、当時としては最新の方法を学習院に導入しました。
今回の展示では、工部美術学校教師と出身者の作品や学習院の図画教科書や生徒達の作品、松室家に伝来する江戸時代絵画を紹介し、学習院の図画教育について考えるとともに、江戸と明治の絵画を比較し、明治の視覚革命を体験できるひとつの機会にしたいと思います。(学習院大学史料館HPより)
開催期間 平成23年4月8日(金)~6月11日(土)
開室時間 平日12:00~17:00 土曜10:00~17:00
※日曜・祝日は閉室
開催場所 学習院大学史料館展示室(北2-1階)
今週末あたりは正門から史料館まで(あまり距離はありませんが。。。)の桜が見ごろかもしれません。


この記事を読んだ方は次の記事も読まれています

[`evernote` not found]