国文学研究資料館にて標記の展示が本日より行われます。
「日本の文学・歴史・思想は、《本》という形で受け継がれて来た、といっても過言ではないでしょう。当展示では、《本》のさまざまな形態を体系的に紹介しながら、日本の古典籍がどのように読み伝えられて来たのかを御覧いただきます。当展示が、書誌学の入門としてのみならず、和書の魅力を感得していただく好機となれば幸いです。」(公式サイトより)

会期:平成24年7月19日(木)~9月7日(金)
休室:土曜・日曜・祝日
時間午前10時~午後4時30分 ※入場は午後4時まで
場所国文学研究資料館1階展示室 入場無料

公式サイト

 

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています

[`evernote` not found]