武蔵野美術大学美術館において「近現代のブックデザイン考Ⅰ 書物にとっての美」展が下記の要領で開催されています。

会期 : 2012年10月22日(月)~11月17日(土) (特別開館日:10月28日)
休館 : 日曜日(ただし特別開館日をのぞく)
時間 : 10:00~18:00(土曜、特別開館日:17:00閉館)
入館 : 無料

わが国における近現代の文芸書の造本に目を向けると、様々な書物文化の諸相が見えてきます。そこには西欧の芸術運動の影響を受けながらも日本の伝統美との融合を計った美しい書物が多数見られます。また他方で著者自らの考えによって制作された抑制のきいた美しさを持つ書物も見られます。さらに画家の個性の表出によって包まれた書物や、装丁家によって制作された書物までと、近現代における文芸書の造本の世界は、言葉(文学)と形(美術)の関係が書物を通して自由に混じり合い、豊かな視覚造形の世界を作り上げています。 本展では当館所蔵のコレクションの中から約250点を選び、これらの書物を「造本の美」「装丁の美」「本文の美」の三つの視点からとらえ直し、明治から昭和までの間で、主に活版印刷によって制作出版された「書物の美しさ」を探ります。

公式サイトより)

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています

[`evernote` not found]