東京・調布市にある武者小路実篤記念館にて秋の特別展「本の美」-装幀と挿絵-が開催されます。

会期 : 2012年10月27日(土)~2012年12月2日(日)

日頃、何気なく手にとって読んでいる本の装幀や挿絵は、本の形や材質、デザイン、制作者の視点や思いなどが凝縮されたひとつの作品となっています。 武者小路実篤の著作や『白樺』をはじめ彼が関わった雑誌の装幀と挿絵は、若い頃から親交の深かった岸田劉生、梅原龍三郎、河野通勢、中川一政ら、日本の近代美術を代表する画家が手がけています。
大正6年から昭和初期にかけて、武者小路作品の装幀・挿絵の多くは岸田劉生が担い、それらは、彼の装飾を追求し自身の制作を反映した作品となっています。反面、文学作品によりそいながら、作品理解と想像力で独自の世界を確立した河野通勢や中川一政もいます。また、40歳頃から画を描きはじめた武者小路実篤は、自身の著作にも多くの装幀画を描いています。 今回は武者小路実篤の著作を飾った、それぞれの画家たちの装幀・挿絵作品の原画や下図、実際に出版された本を展示するほか、自筆原稿、装幀・挿絵にかかわる書簡資料を通して制作エピソードなどもご紹介しながら、文学と絵画が響き合う世界を探ります。
公式サイトより)

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています