神奈川県立公文書館が開館20周年を記念して加藤陽子氏(東京大学大学院人文社会系研究科教授)による「近現代史の面白さ-アーカイブズの視点から-」と題した特別講演会を下記のとおり開催します。

日時:平成26年2月22日(土曜) 14時00分から16時00分
会場:神奈川県立公文書館 2階大会議室
定員:100名(応募者多数の場合は抽選)

平成25年は、歴史資料として重要な公文書、古文書等の記録類を継続的に収集・保存し、県民共通の記録遺産として永く後世に伝えるとともに、その収蔵資料を広く公開することによって開かれた県政の一翼を担うことを目的として公文書館が設立されてから20年目の節目の年です。
そこで、開館20周年を記念し、公文書管理の重要性や歴史資料の収集・保存・公開を使命とする公文書館制度に対しての理解を更に一層深めていただき、当館の活動を知っていただくため、開館20周年記念特別講演会を開催いたします。多くの方のご参加をお待ちしております。

お申込みなど詳細は公式サイトから

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています