慶應義塾大学附属研究所斯道文庫で今年も講演会が下記のとおり開催されます。

【演題】宋版大蔵経について―書陵部所蔵本を中心として―
【講師】中村一紀氏(元宮内庁書陵部文献専門官)
【日時】平成26年11月28日(金) 14:45~16:15(第4時限)
【会場】慶應義塾大学三田キャンパス東館8Fホール ※入場無料・予約不要

今回は長年、宮内庁書陵部出納係に在籍され、皇室図書の保存管理を手掛け、特に書陵部に蔵する「宋版大蔵経」を詳しく研究された、中村一紀氏にお話を伺います。「宋版大蔵経」とは、出版史の初期に作られた大叢書で、6000帖にも上る仏教経典の宝庫として知られています。どうぞ奮ってご参加下さい。(公式サイトより)

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています

[`evernote` not found]