勉誠出版から『書物学 第15巻 金属活字と近代』が刊行されています。来ました活字特集!!

以下、公式サイトから
明治初頭、日本の汎用書体となる明朝体活字の活用が始まる。その活字鋳造と近代印刷技術発展の背景には、ひとりの外国人の姿があった―。
ウィリアム・ギャンブル。その営為はすべて、キリスト教の布教活動とともにあった。
活字見本や、印刷物・当時の記録を丹念に確認。多様な貴重史料の紹介とともにその足跡をたどり、近代日本の印刷技術の道程を明らかにする。

◎特集
欧米人による明朝体活字の開発―活字見本から探る 小宮山博史
近代日本の印刷業誕生前史―ガンブルの講習と二つのミッションプレス 宮坂弥代生
世界史の中の和文号数活字史 内田明
ウィリアム・ギャンブルと横浜 石崎康子
(コラム)活字展 石崎康子
美華書館二号(ベルリン)活字の起源と発展 蘇精

◎本を楽しむ
アメリカン・ペーパーバックの華、「デル・ペーパーバック」の魅惑 尾崎俊介

◎連載・書物学事始め
文庫をひらく 横浜開港資料館 石崎康子
西洋古書の遠近法7 雪嶋宏一
英国愛書家の系譜13 忘れ去られた収集家ジョン・モリス 高宮利行
書籍文化史料片々15 明治の製本師―製本印という史料 鈴木俊幸
書物の声を聞く 書誌学入門15 佐々木孝浩
江戸時代の古文書の読み14 白川部達夫

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています