情報保存研究会(JHK)・公益社団法人日本図書館協会共催で行われる第13回資料保存シンポジウムに弊社は今年度も出展いたします。みなさまのご参加をお待ちしております。

「文化資料のゆくすえ -令和に期待すること-」

【日時】2019年10月15日(火) 10:00~18:00(9:30開場) 入場無料
【会場】一橋大学一橋講堂 中会議場(学術総合センター2階)
【内容】情報保存研究会(JHK)と公益社団法人日本図書館協会は、今年も第13回資料保存シンポジウムを開催いたします。 今回のシンポジウムは、「 文化資料のゆくすえ ― 令和に期待すること ― 」というテーマで開催いたします。 平成という一つの時代が終わり、新しい年号の令和が始まりました。自然災害や異常気象のなかで守り継いだ文化資料と平成で生まれた新たな電子資料を受け継いでいくことが 私たちの使命です。私たちの17年間のアンケート調査では、デジタル化の波は確実に押し寄せ、 SNSやデジタル記録メディアなどにみられるように文化そのものが変わろうとしています。今回は、3名の講師の先生に文化資料をいかに保存し、守り継いでいくかを講演していただきます。

【特別講演 10:10~11:00】
「資料保存の継承:令和における図書館の役割」
青山学院大学教授 小田光宏氏

【特別講演 11:10~12:00】
「資料保存の重要性と令和に期待すること(仮称)」
東京国立博物館特任研究員 田良島哲氏

【基調講演 13:30~14:20】
「公文書の重要性と令和で伝えていくこと」
国立公文書館館長 加藤丈夫氏

【企業展示(常設) 10:00~18:00】
会場ロビーにおいて資料保存に携わる企業の展示を行います。

【お申込み受付中】
sympo2019@e-jhk.com
お名前、ご所属機関名をお書きの上、お申し込みください。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています