③α化デンプン糊
糊化したデンプンのミセル配列が崩れた状態(α-デンプン)において急激に脱水乾燥すれば、そのまま冷水に溶解する糊が得られます。ベルギー製のレミイという糊がこのタイプのものです。レミイは水に攪拌しながら加えることで容易に糊化することが出来るため、使用の都度簡単に作ることが出来ます。ただし、出来上がった糊はやや滑らかさに欠けるようです。もちろんこの糊も加熱によっても糊化し、より滑らかな糊を作ることが出来ます。
(12)(13)そして今回ご紹介したデンプン糊が比較的安心して使えるものです。しかし、これらの方法によって作られた糊は、腐敗やカビに侵されやすく長く作り置きしておくことはできませんし、老化により粘稠性を失ったりしてその性能を落としてしまいます。これに対してアルカリ(硼砂など)や防腐剤(ホルマリンなど)の添加を勧めているものもありますが、それらが資料に対してまったく無害とは言い切れないので使用すべきではないと思います。したがって、ある程度で使いきれる量をその都度調整するというのが最良の方法と言えるでしょう。また個人の工房などで使い残しの糊が出てしまった場合には、冷蔵庫で保管しておき再使用時に加熱(電子レンジなどが便利)すれば、新鮮なものに比べれば接着力は低下しているものの十分に使用できます。


この記事を読んだ方は次の記事も読まれています