今回から復元の過程をご紹介していきます。
1.表紙板の加工
Szirmaiの研究結果を参考にブナ材を使用。
小刀、彫刻刀などで支持体を固定するための溝を彫り、周縁部の加工(面取り)も行った。

2.折丁の準備
綴じ糸が通る部分に切れ込みを入れた。


この記事を読んだ方は次の記事も読まれています

[`evernote` not found]