表紙ボードの欠損部分の形状に合わせて中性ボードを加工し、接続部分の隙間にペースト状繊維(中性ボードを削って取り出した繊維をメチルセルロースと混ぜたもの)を充填させます。その後、表裏の両面から和紙を貼り重ねて補強をし、表紙ボード欠損部分の
修復が完了します。


この記事を読んだ方は次の記事も読まれています

[`evernote` not found]