学習院大学図書館が「漢字・日本語の辞書を編む」 と題したセミナーを下記のとおり開催します。

日時 : 2012年11月28日(水)
時間 : 14:50 – 16:00
場所 : 中央教育研究棟-507教室
講師 : 笹原宏之先生(早稲田大学 社会科学総合学術院教授)
定員 : 最大70名
申込 : 不要(当日参加OK)

<概要>
日本語は変化を続けてきました。それを漢字で書き表すために奈良時代から現在まで試行錯誤されてきた「当て字」と「国字」に焦点を当てます。それらの文字や表記をいかに見つけ、選んで辞書に収めるか、編纂(さん)時は愉しみと苦闘の連続です。 国語辞典と漢和辞典はことばや文字への視点を異にします。当て字の類を一望し記録に残すために作ってみた辞典ではさらに差が際立ちました。書店や本棚に並ぶ前に、日本語と文字の多彩さに立ち向かう現場の編者と編集者の個性も現れるのです。(公式サイトから)

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています

[`evernote` not found]