「出版文化史の東西」と題した慶應義塾大学日吉キャンパス特別講座(全3回)が下記のとおり行われます。

【講座内容】
2013年12月21日(土)13:00~16:15
①「活版印刷文化のあけぼの」~「全集」の誕生を探る~ 徳永聡子(慶應義塾大学文学部助教)
②「印刷文化史と文学の邂逅」 林望・高宮利行(作家、慶應義塾大学名誉教授)

2014年1月11日(土)13:00~16:15
①「江戸の出版文化に親しむ」~京伝が描く本と浮世絵の世界~ 津田眞弓(慶應義塾大学経済学部教授)
②「ジャーナリズムの起源と近現代出版文化の黎明」 原田範行(東京女子大学教授)

2014年1月18日(土)13:00~16:15
①「キリシタン版の研究からわかること」~和書と洋書のあいだ~ 折井善果(慶應義塾大学法学部准教授)
②「日本の絵入本の歴史」~絵本が出版されるまで~ 佐々木孝浩(慶應義塾大学斯道文庫教授)

【募集要項】
募集対象:どなたでも
会  場:慶應義塾大学日吉キャンパス内
受付期間:2013年10月21日(月)~各講座5日前まで(必着)
受講料 :各回2,000円
申込方法:教養研究センターWEBページのお申し込みフォーム

詳細はこちらから

 

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています