書籍の本文紙に生じた欠損、破損、折れなどを修復するにあたり、事前に補修紙や糊を準備する必要があります。補修紙には主に和紙を用い、本文紙に合わせた厚み・風合いの和紙を選択し、色味の調整(染色)を行います。写真は、破損の修復や折れの補強に使用するために厚み、色味、幅を変えて準備した両食い裂きの和紙です。糊には自家製造の生麩糊のほか、対象資料(作品)に応じてライススターチ、メチルセルロースなどを使用しています。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています

[`evernote` not found]