ヴァチカン教皇庁図書館が誕生したルネサンスの時代、旧来の手写本や、新たに登場した活字本、そして書物を飾ろうという要望にこたえて生まれた木版・銅版画は、書物の輝きを推進する役割を果たします。まさしく、書物の再生がルネサンスとともに到来しました。
本展では、ヴァチカン教皇庁図書館所蔵の中世写本、初期刊本、地図、書簡類計21点を中心に、印刷博物館および国内諸機関所蔵の書物を加えた計69点を展示、ルネサンス精神の比類なき生き証人である書物の魅力に迫ります。(公式サイトより)

会 期:2015年4月25日(土)~2015年7月12日(日)
休館日:毎週月曜日(ただし5月4日(月・祝)は開館)、5月7日(木)
開館時間:10:00~18:00(入場は17:30まで)

【オープニング講演・シンポジウム】
2015年4月25日(土) 14:00-17:30 「図書館再生―なぜ図書館は生まれ変わるのか」
チェーザレ・パジーニ(ヴァチカン教皇庁図書館館長)
パオロ・ヴィアン  (ヴァチカン教皇庁図書館写本部長)
アダルベルト・ロト (ヴァチカン教皇庁図書館印刷本部長)
石田英敬 (東京大学附属図書館副館長)
樺山紘一 (印刷博物館館長)
会場:東京大学本郷キャンパス福武ホールB2F[福武ラーニングシアター](〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1)
参加費 :1000円
定員 :200名  事前申し込み制 先着順

【イベント】
■トークショー
2015年6月6日(土)14:00-16:00 「カリグラフィの世界」
小田原真喜子(カリグラファー、MAKIKOオフィス主宰)
参加費:1000円(企画展にご入場の際は、別途入場料が必要です)
定員:50名

2015年6月27日(土)14:00-16:00 対談企画「アルド・マヌーツィオの魅力」
雪嶋宏一(早稲田大学教育・総合科学学術院 教授)
白井敬尚(グラフィックデザイナー 白井敬尚形成事務所主宰)
参加費:無料
定員:80名

2015年7月11日(土)14:00-16:00 「書物がひらくルネサンス」とは
中西保仁(印刷博物館 学芸員)
参加費:無料
定員:80名
・事前申し込み制 先着順
・トークショーの会場は全て印刷博物館 グーテンベルクルーム

■プロジェクションマッピング
本邦初公開!プロジェクションマッピングでヴァチカン教皇庁図書館
図書館が歩んできた歴史を迫力あるコンピュータグラフィックスで体感。
※開催期間中 終日 本展会場にて上映(事前申込なし、直接会場にお越しください)

 

 

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています

[`evernote` not found]