ワシントンDCにあるフォルジャー・シェークスピア図書館で本の展示、特に展示台(書見台)に関するシンポジウムが下記の通り開催されます。

【日時】2015年4月1日(水)~3日(金)
【場所】Folger Shakespeare Library
【参加費用】$180~210

2013年にベルリンにおいて、ドイツ国内を対象とした同じようなテーマのシンポジウムが開催され、好評を博していました。今回のシンポジウムは、ベルリンでのシンポジウムに携わったドイツのコンサバターとの共同で企画されたものになります。

シンポジウムでは、各機関で使用されている一般的なものからカスタムメイドのものまで様々な書見台について発表されます。

主な議題は以下の通り
・いかに安全に本を開いた状態で展示するか
・展示と保存を考えた場合の本を開く適切な角度について
・本の展示における様々なタイプの書見台について
・書見台は本を支えるだけで良いのか、展示の一部としてデザインにこだわるべきなのか
・安全で、費用対効果が良く、持続可能な素材について

期間中は参加者などから提供された様々な書見台を見ることができるスペースもあります。

詳細はこちらから

日本でもこのようなシンポジウムが開催される日が来ることを期待したい。

 

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています