『絵入龍動新聞』と箔押しされたエチケットが背に貼られた角革装本をお預かりしています。初めはこのタイトルにピンと来ませんでしたが、『The Illustrated London News』を『絵入りロンドン新聞』などと日本語表記されることがあるので、龍動(りゅうどう)→るうどう→るんどん→ロンドン!と中身を見る前に気が付きました。

ロンドンは漢字で倫敦と表記するのは知っていましたが、明治期前後(幕末から大正期頃?)には「龍動」とも表記していたようです。それよりも気になるのはこの装丁に使われた素材の色合いで、角革装の表紙は赤い革に緑色のクロス、見返し紙には薄いエメラルドグリーンの装飾紙でノド布は紺色という、あまり日本的でないなぁという印象を受けました。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています