『書物と製本術-ルリユール/綴じの文化史』を書かれた野村悠里氏の日本出版学会賞・受賞記念講演会が下記の通り行われます。

【講師】野村悠里(東京大学大学院人文社会系研究科助教)
【日時】2019年1月11日(金)18:30~20:30頃(18:00受付開始)
【会場】専修大学神田キャンパス 5号館541教室
【参加費】日本出版学会会員500円、非会員1500円
【参加申込・問合せ先】
 日本出版学会・田中栞
 koubaido@cam.hi-ho.ne.jp 電話045-431-1260
※「氏名・電話番号・ご所属・学会員か非学会員か」を明記の上、メールかお電話でお申し込み下さい。メールには田中から必ず返信します。

西洋工芸製本史の研究者であり、ルリユールに携わる実践者でもある野村悠里氏に、フランスの17~18世紀の出版における書籍商・印刷業者と製本職人・箔押し職人の事情や、当時の製本技術、とりわけ「書物の綴じ」の具体的な方法について、技術的な変遷がわかる実例を示していただきながら、当時の本づくりの歴史的背景をご解説いただきます。(案内チラシより)

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています