書籍(洋装、和装、図書資料、雑誌)、紙資料(文書、地図、図面、ポスター)、紙作品(版画、デッサン)などの保存修復処置および予防的保存処置
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 明日のために(いろいろな試み)

明日のために(いろいろな試み)

劣化する和紙

弊社で保管している産地、原料、製法の異なる和紙サンプルの中には、茶変色あるいはフォクシング等の明らかな劣化を示しているものもあります。(図1、2)これらに共通しているのは、煮熟と呼ばれる工程(原料の楮をアルカリ水溶液で煮 …

図1

クータの有効性について考える

◆はじめに 本の損傷で多いのは、表紙の開閉時に稼働部となるジョイント付近や背表紙である。そのため修復の際には、同じような損傷を予防するためにクータという本の背幅に合わせて作った筒状の紙をしばしば背に貼付する。クータの機能 …

C くるみ製本(背幅同寸クータ・洋紙)01

Smithsonian American Art Museumの簡易保存容器を試作しました。

先日ご紹介しましたSmithsonian American Art Museumブログに掲載されたダゲレオタイプに対する簡易保存容器を洋装本にて試作してみました。 試作した本の寸法は170×105×30mm(だいたいA5 …

簡易保存容器紐付き01

防水透湿性素材の情報

水に対してデリケートな紙資料や紙作品に対して、間接的に加湿を行う場合に用いる防水透湿性素材の情報です。(情報提供:修復家 斎藤敦) 【名称】 強撥水・透湿生地 MA-3000-2 (色は全21色、本サンプルは#902) …

本紙を乗せる

弊社の新しい修復事例集「資料の何をどう残すか?-保存修復処置事例集-」を作成しました。

近年修復させていただいた資料の中から、新しい修復事例集「資料の何をどう残すか?-保存修復処置事例集-」を作成しました。10月20日(月)のJHKシンポジウム、11月1日(土)の全国図書館大会等々にてお配りする予定です。 …

Page 1 / 612»
Copyright © 株式会社Conservation for Identity (CFID) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.