書籍(洋装、和装、図書資料、雑誌)、紙資料(文書、地図、図面、ポスター)、紙作品(版画、デッサン)などの保存修復処置および予防的保存処置

自筆手書き原稿への保存修復処置

【資料の概要】
当該資料はフランス小説・ジュール・ヴェルヌ著『八十日間世界一周』を明治11年(1878)に日本で初めて翻訳した川島忠之助(1853~1938)がリヨン滞在時に書いた戯曲の梗概(あらすじ)。

【資料の状態】
紙縒り(2か所)で綴じてあったようだが、下の紙縒りは既に欠失し、上の紙縒りのみで本文紙14枚が袋とじの状態で綴じられている。上の綴じ付近では本文紙どうしが接着し、表裏からの2~3枚のその周辺では破損や欠損、脆弱化が著しい。また、折れやシワが多くみられるほか、泥のようなものや黒い粉状のもの、虫糞のような付着物がみられる。本文紙には、「金花堂」という東京の紙商の名が入った用紙を使用しており、恐らく原料は楮と思われる。

【処置方針】
依頼者のご希望は、「外観を大きく変えないが、研究のために不安なく扱えるような状態にする。」というものであり、これを踏まえて私どもは以下のような処置方針を立てました。
①綴じの解体
接着している本文紙は、可能ならばドライの状態で分離し、難しい場合にはプリザベーションペンシルなどで少しずつ加湿しながら慎重に分離する。
②本文紙の修理
本文紙はかなり薄いので、あまり強すぎない(引き連れを起こさない)極薄の和紙で欠損や破損などの修理を行う。
③フラットニング
強い折れなどを直してから、全体のフラットニングを風合いが損なわれないように強すぎないプレスで行う。
④綴じ直し
紙縒りを新しく準備して、綴じ直しを行う。
⑤保存容器の製作
表紙もなく、非常に薄い冊子であるため、保存容器を製作して収納する。

【主な処置内容】
①スポットテスト
文字や罫線に対して、精製水、エタノールでスポットテスト(溶解テスト)を行った。
②解体
ドライの状態で分離が可能な部分はそのまま行い、不可能な部分に対してはプリザベーションペンシルにて少量ずつ蒸気で加湿しながら行った。
③ドライクリーニング
表面に付着しているチリ、ホコリや虫糞などの付着物を練りゴムやメス、柔らかい刷毛で除去。

④シワ、折れを伸ばす
加湿をして軽くプレスする。

⑤欠損の繕い
本文紙に合わせて染色した薄手の楮紙にて繕いを行う。


⑥裏打ち
本文紙全体を極薄楮紙にて裏打ちを行う。
⑦綴じ直し
紙縒りで上下の2か所を綴じる。

⑧封筒フォルダーに収納する。

【処置後の状態】

なお、当該資料の翻刻と解説を行ったものが出版されております。合わせてご覧ください。
『川島忠之助からの便り―明治十年代横浜正金銀行リヨン出張所にて』

 

保存修復処置事例

お見積や資料保存に関するご質問など、お気軽にお問合せください。 TEL 048-711-1111 受付時間 9:00~17:00 (土・日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら

保存修復処置事例

  • お問い合わせ
  • facebook
Copyright © 株式会社Conservation for Identity (CFID) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.