書籍(洋装、和装、図書資料、雑誌)、紙資料(文書、地図、図面、ポスター)、紙作品(版画、デッサン)などの保存修復処置および予防的保存処置

東北大学附属図書館所蔵 「漱石文庫」への保存修復処置

【漱石文庫とは】
夏目漱石(1867867~1916)の旧蔵書、日記・ノート・試験問題・原稿等の自筆資料、その他漱石関係資料等から構成されている。漱石旧蔵書のほとんどを収め、洋書約1650冊、和漢書約1200冊の図書が文庫の中心であり、洋書の中には漱石が英国留学時に購入した約500冊の図書も含まれている。
この文庫が東北大学に譲渡されることになったのは、当時の本学図書館長で、漱石の愛弟子でもあった小宮豊隆(1884~1966)の尽力による。搬入は、昭和18年(1943)からはじまり、昭和19年3月に完了した。漱石山房があった早稲田南町は、昭和20年3月10日の空襲で焼けてしまったから、この漱石研究の重要資料は、本学に移されたことで焼失を免れたことになる。漱石文庫は、当初は小宮館長の意向で恩師ケーベルの文庫と並んで保管されていたが、その後の図書館移転等により、現在は全体が貴重書庫に納められている。(東北大学附属図書館HPより)

【漱石文庫の性格】
各々の書籍は、タイトルだけを見れば限りなく一般書に近いもの(約7割がポケット版や6ペンス本などの廉価本)であり、いわゆる稀覯書でもなければ、芸術的な価値がある訳でもない。しかし、蔵書の約3割に漱石自身が心置きなく書き込みをしており、他にも随所に使用痕が認められることから、漱石によって一回性を付与された唯一無二(unique)の歴史的存在としての性格を帯びている。
処置方針の立案にあたっては、「漱石文庫の資料が秘蔵されるのではなく、なるべく多くの人目に触れること、研究者に適切に利用され、愛好者に観覧されること」・「当該資料の処置にあたっては単純に修復技術の問題だけでなく、人文学的な問題も内包している」
これらのことを踏まえ、東北大学附属図書館内に設置された古典資料等修復保存小委員会が定めた漱石文庫の保存修復処置方針は次のとおりである。

【基本方針】
漱石が生前に用いていた蔵書の状態にまで回復する。
※漱石文庫の書籍の最大の価値は、漱石が旧蔵し、利用したことにある。それゆえ、漱石の死後約30年放置されていた間(大正5(1916)年12月から昭和19年(1944)年2月の東北大学移管まで)に受けた損傷や、その後の経年劣化、不適切な利用や修理などによる損傷を取り除いた先に、本来の姿があると考えられる。

【処置条件】
漱石が蔵書を「ボロボロに」したのならば、そのままであることを積極的に選択し、手を加えずに保存する。しかし、その原因が他にあり、処置しなければ将来的に書籍自体の構造が破壊され、破損・散逸などの恐れが認められる部分については次の約束のもとに処置を行うこととする。
①修復処置はあとで確認できるものとする。
②利用性の確保のためにやむを得ず書籍の構造を変えることはできるが、基本的な外観を変更することはできない。
③修復前の状態に戻せることを前提に処置する。

東北大学附属図書館報「木這子」Vol.31,No.3 2006 通巻116号(平成18年12月31日発行)にて小川知幸先生が「漱石文庫の保存修復」と題した論文を掲載されています。

漱石・革

革装本の保存修復処置

【資料名】Novum organum scientiarum 【刊行年】1645年 【処置前の状態】 ①背固め(膠)が強すぎることで開閉時に負荷がかかり、背革に亀裂や欠損等が生じている。また、花布も中央部分で切断され、地 ...
処置前(漱石布装)

布装本の保存修復処置

【資料名】The comedies of Aristophanes, VOL.I , II 【刊行年】1877年 【刊行地】ロンドン 【処置前の状態】 背固め(膠)が強すぎることで開閉時に負荷がかかり、背に鋭角的な変形と ...
処置前(漱石仮綴じ)

仮綴じ本の保存修復処置

【資料名】L’art au point de vue sociologique 【刊行年】1909年 【刊行地】パリ 【処置前の状態】 仮綴じ本であるため、構造的に多くの使用に耐えられるものではない。そのため ...

保存修復処置事例

お見積や資料保存に関するご質問など、お気軽にお問合せください。 TEL 048-711-1111 受付時間 9:00~17:00 (土・日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら

保存修復処置事例

  • お問い合わせ
  • facebook
Copyright © 株式会社Conservation for Identity (CFID) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.