書籍(洋装、和装、図書資料、雑誌)、紙資料(文書、地図、図面、ポスター)、紙作品(版画、デッサン)などの保存修復処置および予防的保存処置

被災図書資料(筑波大学附属図書館)への保存修復処置

筑波大学附属図書館(中央図書館、図書館情報学図書館)様より2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震により被災(落下など)した革装貴重書154冊に対する保存修復処置のご依頼を受けました。

【資料の概要】
年代別の内訳は、
1600年代・・・8%
1700年代・・・73%
1800年代・・・19%

製本形態はすべて「とじつけ」製本で、綴じ方の内訳は、
かがり綴じ・・・60%
背バンド綴じ・・・40%

主な損傷/劣化の状態は、
表紙の分離 片側・・・40%
表紙の分離 両側・・・58%
表紙ボードの変形・・・74%
背表紙の欠損/損傷・・・97%
花布の分離/損傷・・・57%
見返し紙、本文紙(ページ)の分離(=綴じの損傷)・・・14%
見返し紙、本文紙(ページ)の損傷/劣化・・・34%

これらの損傷のうち、本の構造部分に対して行った処置方法は、
和紙で直す・・・82%
革で直す・・・18%
解体綴じ直し・・・3%

外側ヒンジ貼付

和紙で直す

表装革、綴じの状態が健全な資料に対して行い、構造の損傷・劣化のみを和紙で直す方法です。ただし、和紙は突傷には弱いため、その優れた特長を最大限に発揮させるために弊社では主に隠れた部分での使用に限定しています。 【処置内容】 ...
背固め除去

革で直す

綴じは良好だが、表装革の状態が保存・利用に耐えうる状態にない資料に対して行います。 【主な処置内容】 ①背革を取り外し、背貼り・背固めの除去 ②背固め用和紙の貼付 ③ヒンジ用和紙(または寒冷紗)を貼り、外れた表紙と中身を ...
綴じの解体

解体綴じ直し

綴じの支持体、綴じ糸に切断あるいは構造的に耐久性が失われている場合に対して行います。 【完全に解体する場合】 ①背革を取り外し、背貼り・背固めの除去 ②綴じを完全に解体 ③綴じ直し ④背固め ⑤花布を編む(復元) ⑥ヒン ...

 

 

保存修復処置事例

お見積や資料保存に関するご質問など、お気軽にお問合せください。 TEL 048-711-1111 受付時間 9:00~17:00 (土・日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら

保存修復処置事例

  • お問い合わせ
  • facebook
Copyright © 株式会社Conservation for Identity (CFID) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.