書籍(洋装、和装、図書資料、雑誌)、紙資料(文書、地図、図面、ポスター)、紙作品(版画、デッサン)などの保存修復処置および予防的保存処置

近現代図書資料の保存修復処置③

【所蔵】早稲田大学戸山図書館

【資料名】キネマ旬報 49冊

【処置方針】
ステープルの錆の除去と脱酸処置によって将来的な劣化要因を取り除き、丈夫な麻糸による綴じ直しによって構造的補強を図る。なお、未綴じ本はそのままとする。

■全49冊の中で製本方法が4種類あり、損傷/劣化状況や処置方法が異なるため、その種類ごとにご紹介いたします。

1)『キネマ旬報 №61』(一折丁、未綴じ)1921年、東京
【処置前の状態】
①表裏の表紙ともに部分欠損、破損、折れ、ノド内側に剥離、そのほかノド元下辺に青い染みがみられる
②折丁背には損傷があり、本文紙には軽度の破損、折れなどがみられる

【主な処置内容】
①ドライクリーニング
②本文紙、表紙の部分欠損、破損、折れの修理
③表紙の背部分の補強用に和紙を貼付


2)『キネマ旬報 №89』(
粘葉装風)1922年、東京
【処置前の状態】
①表裏の表紙ともに破損がみられる
②折丁背の状態は良好で、本文紙は軽度の破損と無理にページを開いたため(P.12)破れている箇所がある。

【主な処置内容】
①ドライクリーニング
②本文紙、表紙の部分欠損、破損、折れの修理
③表紙の背部分の補強用に和紙を貼付


3)『キネマ旬報 №92』(一折丁、ステープル中綴じ)1922
年、東京
【処置前の状態】
①表裏の表紙の接続は一度分離したものを、隣接するページに糊付けされて接着している。
②折丁背の状態は良好だが、本文紙にはステープルの錆が移行している。

【主な処置内容】
①ドライクリーニング
②解体と錆の除去
③本文紙、表紙の部分欠損、錆穴、破損、折れの修理
④表紙の背部分を和紙で補強
⑤麻糸で綴じ直し
⑥表紙と中身の接続するためノド元に和紙を貼付


4)『キネマ旬報 №121』(複数折丁、ステープル平綴じ)1923
年、東京
【処置前の状態】
①表裏の表紙の接続は脆弱化しており、表紙自体には破損、折れ、錆がみられる。
②折丁背には損傷があり、本文紙にはステープルの錆が移行している。

【主な処置内容】
①ドライクリーニング
②解体と錆の除去
③本文紙、表紙の部分欠損、錆穴、破損、折れの修理
④表紙の背部分を和紙で補強
⑤麻糸で綴じ直し(リンクステッチ)
⑥表紙と中身の接続するためノド元に和紙を貼付

 

保存修復処置事例

お見積や資料保存に関するご質問など、お気軽にお問合せください。 TEL 048-711-1111 受付時間 9:00~17:00 (土・日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら

保存修復処置事例

  • お問い合わせ
  • facebook
Copyright © 株式会社Conservation for Identity (CFID) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.