①虫損箇所に糊を塗る。
②印刀で補紙を押さえる。
③補紙を手前に引っ張ってちぎる。
このようにして虫損を修理する宮内庁書陵部修補係発祥の技術です。
当然表に見える場所には使用できませんが、圧倒的な量を占める袋綴の虫損修理にはものの数秒で一箇所を修理することのできる非常に有効な技術といえます。


この記事を読んだ方は次の記事も読まれています