洋装本(写真は19世紀中頃の本)の背固めに使用されている膠をメチルセルロースで軟化させて除去します。メチルセルロースを塗布することで、中身に損傷を与えることなく安全に膠を除去することが可能となります。
膠の硬化や膠の厚塗りによる過度の背の「硬さ」は、本の開閉による背の撓みを弱い一点に集中させ、そのストレスのため支持体や綴じ糸の損傷(切断)のほかノド割れといった損傷をもたらすなどの弊害があります。


この記事を読んだ方は次の記事も読まれています