3.支持体の準備
トーイング革を和紙で裏打ちし、補強と形態安定を図る。
4.綴じ
フランス製の麻糸№12を使用。
8の字を描くように運針を行い、空廻しを適当に入れることで隙間ができないようにする。


この記事を読んだ方は次の記事も読まれています

[`evernote` not found]