「裁包丁」

本を化粧裁する刃物。本の上に切型を置き、片足のせて体重をかけて化粧裁ちする。(櫛笥節男著『書庫渉猟』より)

写真の裁包丁は昨年譲り受けたもの。先々代の持ち主は、あの遠藤諦之輔氏。
ともに偉大な先代、先々代の持ち主に少しでも近づけるように努力するのみ。
まずは手入れから。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています