写真は明治時代の中頃に日本で製本・出版された辞書の背表紙の裏側です。出版広告か何かのようですが、このように分かりやすい文字による情報は当然のことながら記録として残しますが、こういったもの以外にも書物は様々な情報を持っています。

そんな中でも手に取ってみて初めて分かる感触(例:革装本の革の手触り)をオリジナルの形態(外観)を含めて安直に変更したりせずに、「あっ、こういう感じなんだ!」という利用者の新しい発見を弊社はこれからも大切にしていきたいと考えています。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています