ボール紙に厚手の和紙を貼り込み、柿渋を塗り重ねたものが柿渋ボードです。主に和装本の虫損直しの時に、渋紙(厚い和紙に柿渋を塗ったもの)のように下敷きとして使用します。今回は、少々大きめのもの(おおよそA2サイズ)が必要となり新たにつくりました。柿渋は、無臭柿渋(ターナー色彩)を使用しました。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています

[`evernote` not found]