書籍(洋装、和装、図書資料、雑誌)、紙資料(文書、地図、図面、ポスター)、紙作品(版画、デッサン)などの保存修復処置および予防的保存処置
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 皮革の話

皮革の話

革の切り出しをしていて…

基本的に使用する革の型紙を作ってそれに合わせて革を切り出します。ただし、革のどの部分でも使用可能という訳ではなく、皮膚病痕や傷痕、虫刺され痕等の他に、製造時に出来た跡や関節付近の良く動かす部分もとてもよく伸びるので不向き …

型紙をあてる

今度はヌバック

銀面を起毛したヌバックを手に入れました。 半裁されているデシ数からいって、恐らく成牛のヌバックです。ヌバックの語源はnew+buck(skin)とも言われているようです。

ヌバック02

皮革の歴史(日本)

1.通史 1)古代 ①太古より獣皮は脂を除去し、敷物や鞴(ふいご)に、または毛を除去して革にして履や楯、鞆などに加工していた。 ※鞆・・・弓を射る時に左手首の内側に付け、引き放った弓の弦が腕や釧(くしろ)に当たるのを防ぐ …

栃木レザー株式会社の製革工場見学

所属する東京製本倶楽部の研究会で栃木レザー株式会社様(栃木市)を特別に見学させていただいた。同社の主力製品は、植物タンニン鞣しの牛革で、豚革も若干製造されている。その製法は伝統的な方法にこだわり、各工程にいる職人さんの繊 …

味取り&乾燥

1.皮革の歴史(世界) ⑥

(2)「空押し技法」・・・金箔を押していない細工と定義 ※温めた金属のスタンプを少し湿らせた革に押し、圧力をかける。 ※12世紀に最盛期を迎え、その後は切り込み式の革細工が主流となる。 ※使用されるスタンプは中世の金貨と …

Page 1 / 212
Copyright © 株式会社Conservation for Identity (CFID) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.