小口に取り付けられている真鍮製の留め具を製作する。
①真鍮を焼いて強くする。
②留め具の輪郭を描く。
③切り抜いて、周囲をヤスリがけする。
④穴をあける、折り曲げるなどの加工をする。
⑤加工した真鍮を過酸化水素水に浸けて真鍮の油分を除去した後、古色を出すためにアンモニアに浸けて完成。


この記事を読んだ方は次の記事も読まれています