角裂(かどぎれ)とは、洋装本でいう花布(はなぎれ)のようなもので、和装本の角を「まとめる」・「補強する」・「装飾」などといった製本上の役割を担うものとなります。
角裂には、絓(しけ)と呼ばれる繭の上皮からとった節のある絓糸で織った染織品を薄手の和紙で裏打ちしたものを使用し、貼り付ける際にはヤマト糊・姫糊を使用します。


この記事を読んだ方は次の記事も読まれています