お客様よりお預かりした資料の写真撮影は、資料の構造、状態等々の詳細な調査をする前に必ず行います。
修復前の状態を画像としてきっちりと記録することは、オリジナル素材を貼り戻す際等の参考写真として、あるいは修復後の状態と比較可能にすることでお客様に対する説明責任を果たす際にも重要な役割を果たすことにもなります。
作業を開始してからも適宜ポイントとなる作業時に写真を撮影し、作業完了後に作成する保存修復処置報告書に添付しております。

この記事を読んだ方は次の記事も読まれています

[`evernote` not found]